あの手、この手

スポンサーリンク

小学校受験で学ぶべきことはたくさん。

終わってみると、そんなに特別なことではなかったようにも思います。

幼児期に、学ぶべき、経験すべきことだったんだなぁと今さらながら振り返ります。

気づけてよかった。

幼児期は、土台作りで、そこを逃すと、土台を強固なものにすることが、とっても大変、難しい。

あの手この手

子ども達が楽しく学べるように、あの手この手で、アプローチするのが良いと思います。

例えば、「数を数える」いつもいつもおはじきを数えていてもつまらない、飽きます。

もちろんおはじきを知ることは大切。

こちらおはじきの形のキャンディ! 
おはじきが何個あるか数えてみて!
10秒以内なら、おはじきキャンディ5個、20秒以内ならおはじきキャンディ2個あげます!
よーいドン! 笑顔で楽しくやってみる。

数えるって、とっても大切なんですよね。

「お風呂で100まで数えたらでようね。」というのは、ただ唱えているのと同じなので、

100という量のイメージは持てていない場合が多いようです。

1と10と100が量でいうと、どれくらい違うのか?

幼児期に五感を通して、数えたいですね。

小学生になると算数セットですることもありますが、幼児期にしておくと、その子の算数のセンスの土台になると思います。

小学校受験でも、数の基礎的な問題がたくさんでてきます。

3歳くらいまではこんな感じのものが良いと思います

3歳すぎてから、少しずつこういったものを

1と10と100、1000を知ることができます。

でも、これを使って教えるのは、指導方法がわからないと難しいかなぁ

まぁ とにかく、目でみて、手で持って感じることが大切なのです。