えんぴつの持ち方を確認

鉛筆の持ち方は、躾のひとつ

これは、しっかりと伝えていきたいですよね。

えんぴつの正しい持ち方 | トンボのippo! (イッポ) | トンボ鉛筆
えんぴつの正しい持ち方をご紹介します。お子様の楽しく前向きな学びへの一歩(イッポ)を応援する学童文具 トンボのippo! (イッポ)

迷路などを楽しくして練習すると良いと思います。

 

意識していないお子様は、鉛筆で書いた線が、薄くて、あきらかに手の力がないことがわかります。

運筆力ですね。

意識して書かれているお子様は、迷路の道の真ん中に線をしっかりと書きます。

カーブの曲線も美しく、直角に曲がるところも、しっかり直角に!

こちらは定番の点ずけい。1~3までありますよね。3は結構難しいです。

丁寧に練習をしているか?

そういったところで、躾や性格なども把握できてしまう。

小さい頃に受けた教育は、一生続きます。

とっても大切。

小学生になっても、点図形は、続けて練習しています。

小学生用の問題集もあるのです。

空間を把握できるようなものへと、移り変わっていくので、幼児から練習していくと良いと思います。

基本は、まず鉛筆をしっかり持てているかということになりますので、鉛筆、箸、しっかり練習しましょう。

3歳、4歳は、持ちやすい鉛筆で練習して、書く喜びを覚えてから、細いタイプに移行しても良いと思います。

わが家も、くもんのお世話になりました。