お話の記憶のポイント

毎日トレーニング

長い話を記憶なんて、無理!

娘が年少、年中の頃はそう思っていました。

 

でも・・・

とにかく、毎日、トレーニングをすると・・・

記憶力
記憶力を育てる娘の記憶力を育てるために、年少の時から、少しずつ訓練をしていました。朝、保育園に行く前幼児教室でも同様の訓練があり、それができるとシールがもらえるのですが、娘の成績は芳しくなく・・・参観型のお...

すこしずつ変化していきます。

本当に、子どもの身長、体重が変化するように、少しずつで、近くにいると気が付かないくらいです。


 

お話しの記憶のポイント

お話を聞いている時、ただ何となく聞くのではなく、ポイントがいくつかありますよね。

・季節、天気、日時 → 「すいかがスーパーで並んでいた」とあったら、夏とわかる。

・数字 → 「ケーキを5個買ってきた」とあって、3個食べたら、何個残っている?なんて問題がでる

・洋服の柄や色や持っている物 → 「くまさんの洋服はピンクで、エプロンは、縦じまだった」などと話があり、絵を見て丸をつける

・果物や食べ物 → 「うさぎさんは、にんじんが大好き。お土産は、にんじんケーキだった」とあり、絵を見て好きな物に丸をつける

・行動 → 「うさぎさんとかめさんはぴあのを弾き、くまさんときりんさんはブランコをした」とあり、絵をみて、正しい絵に丸をつける

・心の変化、表情 → 「たぬきさんは、はじめはないていたが、最後は笑っていた」とあり、絵を見て、正しい絵に丸をつける

これは初歩的ですが、ポイントです。

このこぐま会の本は、夜、読み聞かせしたりしていました。あっ答えてもらうから、勉強ですね(笑)

  

だんだん、複合問題になります。

お話の記憶は読み聞かせだと思って、するとよいと思います。

この上に貼り付けたものは、比較的短いので、ちょっとした時間できます。

CD付きの問題集

ただ、いつもいつも読むには、お母さまの負担が・・・

その場合は、CD付きをおすすめします。

こちら、冬からスタートします。このあたりは、難問はありません。

少しだけ難しくなります。

お話も結構長くなります。

ここで、総仕上げ。あきのおはなしですが・・・7月には取り組み、終わっていると安心かなぁ 

全部の問題をやりきることを目標にしなくても良いと思います。

捨てることも大切。

あきらめも肝心!

あきらめず、信じよう

年少、年中の頃、うちの娘にこんな難しいお話の記憶は無理!

そう思っていました。

でも、本当に、少しずつ、成長していきます。

驚くほど、伸びました。

後になって、記憶力のトレーニングを毎朝、欠かさずしてよかったなぁということ。

幼児教室で、教わったことを徹底しておこなったことが、実を結ぶと思いました。

年長の夏には、私より、記憶力がすごいのでは!と驚くほどに成長しました。

子ども達ってすごい!

成長を信じて、歩んでくださいね。