お話の記憶は、中学受験でもつかえる

土台

当たり前のことながら、小学校受験で学んだことは、小学校の勉強、中学受験でもつかえます。

土台づくりだったと、今さらながらに感じ、やっててよかった! 小学校受験! って思います。

どうぞ、子どもの力を信じて、毎日少しずつ進めてくださいね。

まだ2月。年長になり、夏くらいになると、きっと飛躍しますから!

 

早口で

お話の記憶は、ほとんどの学校で出題されますから、皆様、毎日、されていますよね?

分速300字程度を聞き取れるように仕上げていきます。

がっ 娘の行っていた幼児教室は、もっと早かったです。

幼児教室が速いから、こぐま会とか、理英会のCDでお話の記憶の練習をすると、ゆっくりと聞こえます。

それが、幼児教室の狙いなのね。

私も、普段はゆっくり丁寧に話すように心がけたけど、これからお勉強します!ってスイッチを切り替える時は、少し早口で話すようにしていました。

 

お話を聞きながら・・・

娘に頭の中でお絵かきするのよ!

と教えましたが・・・それだけでは理解できないかも、と思いまして、

お話をCDで聞きながら、絵を描いてあげたことがありました。

もしくは、物語をお母さまが作ってボイスレコーダーに録音してもいいと思います。

頭の中ではこんなふうに描くのよ!

ポイントは、数、色、模様などの違いをしっかり描くこと。

想像することは楽しいこと!

そういったことをしっかり伝えてあげましょう。

もう、↓ 4冊シリーズの春は、終わっていますか? 暦では春ですよ!

購入しておくべき、お話の記憶関連の問題集。

CD付は、便利です!

お話の記憶のポイント
毎日トレーニング長い話を記憶なんて、無理!...

応援クリックお願いします★お受験情報がたくさん!
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へにほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験体験記へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

スポンサーリンク
小学校受験:問題集・試験問題など
スポンサーリンク
りんをフォローする
小学校受験!りんさんのブログ