これは愛用品にしてください

ボールを扱えるようになるまでは、

ものすごく時間がかかります。

ボールを投げるのも大変

ボールをキャッチするなんて、もっと大変

ボールは難しいのです。

だから、これで、練習

 

楽天や



 

アマゾンでも

販売されています。

ボール投げ練習だと、数個あればいいのですが、年長になって、サーキットなどお受験体操するようになると、最低、10個ずつあったほうが、良いかもしれません。

 

子どもの手でも握りやすいこの玉を使って、キャッチボールをするのです。

年少のうちは本当に大変です。

子どもの取りやすい位置に投げてあげて、

「とれたね!!すごいね!!」

とにかく持ち上げる

段々できるようになります。

ただ、練習量に比例しますので、毎日練習。

 

これで、お手玉の練習もします。

50回くらいは楽にできるように。

リズミカルに!

お手玉
お手玉で遊んでいますか?これもお受験必須の...

それから、自分が思ったところに投げることができる!

これも大切なんですよ

コントロールする力



お受験はとにかく楽しみながらすること!

ゴールは、合格でなく、もっともっと先にある!