ごっこ遊びが行動観察や巧緻性につながる

娘は保育園でした。

モンテッソーリとかではなく、本当に一般的な認可保育園。

色々な玩具があり、それで遊ぶような感じ。

リトミックとか、体操とか、それなりにあったけど、お受験とは無縁。

 

家で、よくした遊びは、夏は、本屋さんごっこが一番多かったです(笑)

お気に入りの本を並べて、

私が買い物にいき、「3歳の女の子にプレゼントしたいのですが、どれがいいですか?」

娘が最適なものを選ぶ「これなんてどうでしょう。うさぎの物語です。絵もかわいいですよ」

私が「プレゼント用に包んでいただけますか?」

娘が「こちらのラッピング用紙に赤いリボンでいかがでしょうか?」

そんな具合。

 

コミュニケーションの練習

ラッピングで巧緻性の練習

 

 

  

 

 

こういう遊びをたくさんすると共に、幼児教室ごっこも。

先生のマネをよくしました(笑)

ごっこ遊びで、楽しく!

試験はもうすぐ。

ここで、怒っても意味がない。

あの頃、前のブログによく書いてたなぁ

頑張れワタシ!

頑張れワタシ!

って(笑)