なわとび、そして、大なわとび

スポンサーリンク

保育園、幼稚園の年長さん、小学校低学年の子達の冬の遊びの定番は、なわとびと大縄とびではないでしょうか?

わが家も小学校受験の時は、年中くらいから特訓でした。

はじめは一回も飛べなかったのに、本当にがんばって、年長の時は、1分以上飛んでいられるようになりました。

緊張しても、絶対に失敗しない!

早く飛ぶのでなく、丁寧に絶対に引っ掛からないようにとぶことが大切なんです。

このロープタイプがいいのです! トビナワ

使い終わったら、素早くきちんと結べるように。

慌てると、緊張すると普段何気なくしていたことが、できなくなります。

何度でも練習しましょう。

わが家は、家の中でも、なわとびしていました(笑)

大なわ

これも年長になったら、経験としてやっておきたいですね・・・

リズム感もないと、飛べません。

遊びの中で、色々なことを体得いたしましょう。

パパとママと子どもで、楽しく大縄!

これも思い出に残ります。

面接で「お父様とお母さまとどんなことをして遊びますか?」なんて時に「大なわ」なんてでたら、元気な子どもだなぁと思っていただけるかもしれません。

お父様も、お母さまも飛びましょう!

とにかく楽しい体験を積み重ねて、エピソードを作れるように、子どもも話せるようにすることが、とっても大切。

その際は、写真もとって、お絵かきもしておきましょう。絵日記がいいですね。

▼長なわ

実はこれも・・・

ほかにも練習しておいたほうがいいものがあるのです。

それは・・・

それは・・・

こちらです。

そうフラフープ。こちらのように大きいのがよいです。

これを回しながら飛ぶのです。

年長の夏には、できる子はできます。

娘の時は、ある学校で、試験にでました!

もちろんクリア!

1回経験し、少し練習すれば、大丈夫。

何事も経験ですね。