コロナの影響・・・試験にでやすい

スポンサーリンク

娘を遊ばせていた時に、公園であることに気が付きました。

コロナの影響で、小学校受験のために、公園で遊ばせ、なわとびやボールなどを持ってきて積極的に運動をさせている子どもと、そうでない子に明らかに差がありました。

そもそも幼稚園に行かれているお子様は、保育園に比べて、運動能力などが低い場合があります。

そして、偏差値も!

保育園に通う子は家庭保育の子より2歳半時点で偏差値が6~7高い 3歳半時点の多動性や攻撃性にも差
子育てに親はどう関わるのがベストなのか。東京大学経済学部の山口慎太郎教授は、「2歳半時点の言葉の発達では、保育園に通う子は通わない子より偏差値換算で6~7くらい高い。子どもを保育園に預けて働くことに罪悪感を覚える必要はありません」という——(後編/全2回)。

娘のお友達のある付属有名幼稚園に通われているお嬢ちゃま・・・

一緒に遊んでいたのですが・・・

年長なのに・・・ボールの投げ方も、娘が年長の時のそれと比べると、はるかに劣っている・・・

コロナの影響で、休園だったそうで、お休みの時は、家で、お料理やお絵かきをしていたそうです。

素人の私の目から見ても、運動能力がないことがあきらか・・・

わが家は、体操など、筑波を目指してしてましたから、相当頑張ってましたから、それと比べてはいけないでしょうが・・・

コロナの影響は大きいなぁと思いました。

小学校受験でプロである先生が見たら、コロナ禍でどんな生活をするご家庭なのか・・・すぐわかります。

こんなのも

仕上げは、鬼ごっこ!

幼児期に体を動かさないと、小学校での体育も難しいものとなるでしょう・・・

運動オンチは、親の責任だと思います。

とにかく、体を動かす遊びを一緒に楽しむのみです。