ノーベル賞ヘックマン教授「5歳までのしつけや環境が、人生を決める」

有名な研究ですから、ご存知ですよね。

ノーベル賞ヘックマン教授「5歳までのしつけや環境が、人生を決める」
5歳までの教育が、人の一生を左右する――。2000年にノーベル経済学賞を受賞し、近年は教育政策の分析に力を入れているジェームズ・ヘックマン教授に、人の一生を幸せにし得る教育とはどのようなものか、聞いた。

ヘックマン:先ほども研究についてご紹介したように、人生の最初の数年はとても重要な役割を果たします。幼児期の適切な教育は、潜在能力の基盤を広げるのです。

言語もはじめの3年位でネイティブになっちゃいますものね。

中学になり、英語の勉強頑張ったけど・・・発音なんて、3歳に負ける(涙)

子どもの能力ってすごすぎる。

だから、色々なことを幼児期にさせてあげるって、良いと思う。