ペーパーの訂正方法に驚き

スポンサーリンク

訂正方法

これは、幼児教室に通って、年長クラスになってから、教えていただいたこと。

小学校によって、ペーパーで間違った時の訂正方法が違うのです

これって、衝撃じゃないですか!!

一例であげますが・・・

成蹊だと、青のサインペンで、二重線

雙葉だと、青のサインペンで、ギザギザ線

早稲田だと、赤とか青の鉛筆で、斜め二重線

学校によっては、ぐしゃぐしゃとしていいとか・・・

本当に色々あるのです。

幼児教室で、学校別クラスに入っていると、その訂正方法で、訂正するので、結構なれるのですが・・・

でもね・・・その訂正方法に慣れすぎると、それはそれで問題でもあります。

だって、成蹊小学校の訂正方法を、早稲田でしちゃう可能性もありですものね・・・

あっ 訂正方法って、たくさんあるのね・・・と心配されている方、

検索すれば、でてきますし、

過去問とか、説明本を買えば、書いてあるので、ちゃんと準備している人は問題ないのですが・・・

あっ ただね・・・ 気をつけないと、昨年と違うということがあります。

それと・・・ネットで見ていると・・・情報の日付は新しいのだけど・・・間違っているものがあります。

気をつけましょう!!!

きちんとお話の聞ける子に

まぁ すべては、きちんとお話の聞ける子に育てること!

これに尽きますよね。

私は、家で、「間違ってしまったら、今日は二重線で消しましょう。こんなふうにです」

ホワイトボードに書く・・・

そんなふうにして、お試験ムード醸し出したりしていました(笑)

子どもはごっこ遊びが大好きです。

楽しみながら、進めてみてください。