リーマンショックの再来?

スポンサーリンク

リーマンショックの後・・・

私立の学校に通う子ども達が、退学するケースがあったそうです。

また、翌年などの受験者数も減ったとか。

預貯金があればよいですが、カツカツで暮らして、私立に子どもを入れる人もいるのですよね。

そうなると・・・

私立に入学したのに「自主退学」がしなければならない!

なんてこともあるわけです。

中途退学を避けるために、私立に入るとある「予想外の出費」については、検討しておいたほうがよいでしょう。

私立小学校も、私立中学校も、そこに入れば安泰ではありません。

大学まであるとしても・・・

塾・家庭教師などを利用されています。

そうやって、学力をある程度、維持しないと留年もありますし、希望の学部にもはいれません。

付属に入ったって、やはりプレッシャーはあるのです。

そのため、学校の授業料だけも高い金額をお支払いしているのに・・・塾にも相当な額をお支払いするわけです。

その他も、習い事もありますし、やはり公立に比べると、私立はお金がかかります。

それは否めません。

やはり、学ぶ人が勝つわけです。本は絶対的な見方。

仕事のことでも勉強、お金のことでも勉強・・・

人間、一生、お勉強ですね!