伊勢丹で・・・

スポンサーリンク

先日、新宿の伊勢丹で娘の靴を購入しようと出かけたら・・・

お受験モード全開の方々が・・・

そろそろお試験ですから、新しい靴を購入するご準備なのでしょうが・・・

ただ・・・

心配になりました。

お店の方と相談しながら選ばれていたのですが・・・

今の時期に、あれだけ相談して靴を決めているということは、子どもは履きなれた靴を履けないということであり、試験当日に靴擦れでも起こしたら、不機嫌になって、大切な試験や面接がうまくいかないこともあります。

靴擦れってすごーくツライですよね。

笑顔なんて作れない!!

靴は、新年長になったころから、履きなれて置いた方がよいです。

女の子なんて、特にストラップシューズを履かれるでしょうから、練習しておくべきです。

学校によっては、上履きに履き替えるところをじっーと見ている学校もありました。

子どもがベストな自分を表現できるように、靴は履きなれたものをセレクトした方がよいです。

直前で、靴を決定するのは避けた方がよいと思いました。


ボタンタイプか、マジックテープタイプにするかも、決定したほうがよいです。

ボタンタイプは、練習していないとできない子、いますからね。

親のほうも、イラっとして「早くしなさいっ!」となってしまうのです。


もちろん親も、靴ずれをおこさないように、注意しましょう。

絆創膏はっている足なんて、みっともないですから!