何があっても慌てない

スポンサーリンク

2019年9月初旬、慶應横浜初等部の願書で『「福翁自伝」を読んで志願者の独立について感じるところを書いてください』から『「伝記 小泉信三」(慶應義塾大学出版会)を読んで、慶應義塾の塾風・気風(空気感)について感じるところを書いてください』に変わっていたことで動揺が走った。とのこと。

それはそうでしょう。慌てますよね!

だって、手元に本もない。9月末には、仕上げて発送しなくてはならない。大事件ですよね。

でも、本当に小学校受験では、わが家でも色々なことがありました。

ドラマになっちゃいますよ!

まぁ、ここで書けることとすれば・・・

光塩のお試験で、受験票とともに、体操が試験にプラスされ、何と運動着へのお着換えがあることが判明したこと!!!

だったら、説明会の時に教えておいてよぉって感じでした。

立教女学院では、今年から「1日はキュロットで」と教えて下さって準備できたのに!!!

まぁ 色々なことがあります。

とにかく、迅速に動けるように、整えておくことが大切です。

だから、本なども、その場ですぐ手配できるように、アマゾンプライムに入っておきましょう!

Jでこれは購入したほうが良いとセミナーなどで言うと・・・すぐに売り切れたりするのです。知育玩具とかも・・・。