合格する子は、目がきれい

まぁ これって主観的なのですが・・・

超難関の幼稚舎に合格しました!って男子に2人ほどお会いしました。

他にも、難関といわれている小学校に合格した子もいましたが・・・

幼稚舎に合格した子

ニコニコしていて、こちらも笑顔になる

目がちゃんと笑っている

お母さまはお厳しい方ですが、子どもの成長を心から願っていて、メリハリつけて遊ばせているようです。

 

そう、子どもにあまい親の子は、ダメなんだなと思いました。

きちんと叱れる親でなくては、子どもは親だけでなく、先生もなめてかかる子になる。

小学校の先生は、そういったことを見抜いている。

だから、「今は先生のお話を聞く時間だから、発言しないで!」と言っても

「それっ やったことある!!」「簡単」

とか、声だしちゃうんでしょうね。

 

叱れない親の子・放置されている子は、小学校に入って、いじめっ子になったり、問題を起こすと思います。

甘やかされている子は、気にいらないことがあると、ムスッとして協調できない。

笑顔のある子は、何かあった時「どうして、ダメなのかな」「あの子どうしちゃったのかな?」と考えている顔になる。

子どもの表情で、色々な事が分かる。

とにかく、笑顔の素敵な子が幼稚舎には多いなぁ。

私の友人の幼稚舎出身も、笑顔が素敵!