合格する子

ある幼児教室の先生とお話する機会がありました。

夏くらいになると、チックや嘔吐が増えるそうです。

原因は、保護者なんですよね。

親がペーパーを頑張りすぎるあまり、そういった症状がでてくるそうです。

子どもが、合格したとしても、その後の小学校生活の中で伸び悩み・・・

子どもの発達を親として、支えるために、小学校受験のことだけ考えると、痛い目にあるということです。

その後の人生の方が長く、土台となる幼児期に受けた心の傷は・・・

思春期になり、爆発することもある・・・

昔、積み木崩しなんていうのがありましたよね。

ペーパーばかりに偏らないように、気をつけましょう。

運動なども同時にしていかないと、ペーパーの能力は絶対に伸びません。

そして、ペーパーできても、行動観察などで、NGだと合格いただけないのは、周知の事実ですよね。

行動観察。

これ、相当、大切です!

ペーパーと同じくらい時間を割いてください。

家でもできることはたくさんあります。