好きな絵本 理解度を高めるために・・・

スポンサーリンク

好きな絵本はありますか?

面接で好きな絵本はなんですか? は定番ですね。

本好きな子になってほしいと、娘には、小学生になった今でも読み聞かせを続けています。

それは、どんな物語ですか?

どんなところが好きですか?

伝える能力・・・上手でなくとも、聞かれた事に、自分で伝えなければなりません。

絵本の印象付け

娘は インサイド・ヘッド という物語が一時とても好きでした。  

主人公のライリーは11歳の少女で、『インサイド・ヘッド』は彼女の感情が成熟していく過程を描いた感動的なストーリーになっています。成長すること、時間と折り合いをつけることの難しさを小さな女の子ライリーの目と彼女の感情を通して正に最前線から描いています。

はじめは映画で見たのです。やっと映画を我慢してみれるようになった頃で、娘は、この映画の話を何度も何度もしました。

それで、後から絵本を購入したのです。

何度も何度も読み、印象づけました。

そして、これを読んだ後に、色々な話しをしました。

自分の頭の中の感情たちをコントロールすることを学んだようです。

そう、セルフコントロールすることをこの物語から学び、娘自身成長したのです。

この本で、さまざまなことを学び、娘の絵本を紹介する言葉は、確かなものになっていたようです。

摸試で、とても良いコメントを頂きました。

そして、さまざまな感情、恥ずかしいとか、面倒だとか、そんな感情がでてきた時に、「あら、頭の中で、感情さんに、操作されちゃっているね。」「自分で、コントロールできるかもよ!」「やってみよう」とか、客観的になる自分をつかみとったように思います。

1回読んで、終わりでなく、深堀りをする・・・

そんなことで、さまざまなことを学べると思います。

インサイドヘッド

私にとっても思い出の一冊です。