季節を感じて体験

幼児教室で、季節のものをいうゲームをしたことを、ふと思い出しました。

「今日は、春の季節のお花とか、行事とか、順番にひとつ言いましょう」

「では、〇〇さんから右に。端までいったら、後ろの人。ではどうぞ」

「ひな祭り」「入学式」「タンポポ」「バラ」「イチゴ」「すみれ」「タケノコ」「母の日」「スイートピー」「こどもの日」「つくし」「・・・・・・

年長になると、先生も厳しいですよね。

言えない子はかわいそう。

親がきちんと教えるべきことを教えてないと、これっトラウマになっちゃいます。

保護者参観型だと・・・母親自身も恥ずかしいし、子どもも可哀そう。

だから、季節は、年中のうちにしっかり体験しながら教えるべき。

子どもの学習は、大人のように、本の知識ではありません。

すべて、自分の経験を、体験を、体に取り込んでいくのです。

大人と学習方法が異なります。

でも、体験で覚えたことは、体の中に取り込まれて、一生の宝になります。

生まれて数年で語学の達人になりますものね。

日本語もペラペラ。

それが証拠です。

生活の中で、体験で教えられたことは、ネイティブになります。




インターネットで検索すると、時間がかかるので、やはりお手元に1冊、こういった本を用意しておくと便利です。

 

つくし発見
春を五感で感じる今日この頃。仕事が休みの日...