学区と年収と優良マンションの深い関係

スポンサーリンク

公立の小学校に行く場合・・・これがとっても大切みたいですね。

ちなみに、認可保育園もそうです。

認可保育園も・・・全然、層が違います。

学区と年収と優良マンションの深い関係

「公立小移民」という言葉を知っているだろうか。
人気公立小学校の学区に引っ越す家族のことを指し、
子どもによりよい教育環境を与えたい
「孟母三遷(もうぼさんせん)」な親ならではの選択といえる。
これまで人気学区は口コミに頼る部分が多かったが、「学区と年収」という新たな指標を与えるのが本書である。
例えば、東京23区でいえば、学区世帯年収トップは以下の通り。
  ・1位 港区立南山小学校 1409万円
  ・2位 千代田区立番町小学校 1151万円
  ・3位 渋谷区神宮前小学校 1067万円
23区トップは港区の南山小学校で、突出した世帯年収だ。
これら1都3県(東京都、神奈川、埼玉、千葉)の学区年収上位校の解説が本書でなされている。
さらに、人気学区のマンションは、多くの場合、需要が供給を常に上回るため、資産性が担保される。
“人気学区ほど資産性が高くなるマンション格差の法則”が成り立つのだ。
ベストセラー『マンションは10年で買い替えなさい』の著者が贈る
人口減少社会を生き抜く新時代の住まい選びに役立つ一冊!

私立小学校に行かせていても、孟母三遷は感じます。

子どもの通学の便を考えて、お引越しされる方は多いです。

中学くらいになってくると、遠くても通えますが、小学生には無理ですからね。

よい物件を探すのは、至難の業ですよね。