小学校受験で親に求められる「文章力」と、決めておきたい「教育方針」

この記事を読んで、うんうん、納得と思いました。

なんていうのかなぁ、知的な方の文章って明らかに違うから、子どもが今後、どのように育っていくかも、見える、想像できるじゃないですか!

私は、小論文など、苦手だったので、ほんと、娘の受験の時は、苦労しましたよぉ

小学校受験で親に求められる「文章力」と、決めておきたい「教育方針」(矢野 文彦)
2021年度の小学校入試で、いわゆる難関校といわれる早慶合格者を100名以上出し、注目を集めている『スイング幼児教室』。受験をしない家庭にも参考になる「小学校受験から学べる子育ての極意」を教えていただく連載です。今回は、小学校受験で必須の「願書」で問われる「親の文章力」、そして「教育方針」について。受験する・しないにか...

小学校受験では、家庭を判断する材料として「願書」が重視されます。学校側は願書を通じて、6年間方向性を合わせていける家庭かどうかを審査します。どのような教育方針で、どのような理由で学校を志望したのか、そこに書かれた文章を読むことによって、学校との相性を判断する。このように受験では、「文章力」を通して親の知性や品格が見られているといっていいでしょう。

だそうです。

そうですよね。

わかっている内容なんだけど、改めて、大切だなぁと思うことが書いてあったので、シェアいたします。

 

こちらは、願書を書くときなどに、用いるべき、用語の一覧。

言い換えを考える時に、便利ですよ

色々な学校の願書の実物と、文章例がかかれています。