工作三昧

スポンサーリンク

工作

桐朋学園などは、工作に時間をつかって対策される方が多いですよね。

子どもらしい発想力、想像力が必要な学校だと思います。

年少・年中前半までに、ある程度、基礎的なはさみの使い方やクレヨン、色鉛筆での色塗り、さまざまな材料を使っての工作を経験しておくと良いと思います。

こちらのお受験用工作本をマスターするのはもちろんのこと・・・

想像性をはぐくまなければならない・・・

幼稚園や保育園で、利用される紙コップや輪ゴム、モールなどの基本的機能をしり、それらを使って、自分が作りたいと思うものを作れる。

そして、言葉で表現できる。

そこまでが、ゴールだと思います。

「何作ったの?」 → 「・・・」これだと困ります。

長く説明する必要はないのです。長いと逆に困りますから(笑)

「宇宙旅行にいけるロケットを作りました」「お母さんのためのお手伝いロボットを作りました」

なんでもいいのですが、表現できること!

わが家は、お受験工作でなく、アトリエにも通っていました。

娘は、そこがとっても好きだったようです。息抜きですね。

今でも、工作大好き!

今日も、工作中。上手でないですが、目が輝いている!

何かを作り出そうとする、子どもの目の輝きは、とっても素晴らしい。

その目の輝きを、育てるのが、お母さまのおしごとです!