年少さんに・・・

スポンサーリンク

年少の頃って、まだ小学校お受験のために、忙しい時期ではないので、色々と体験や行事を楽しむ時期だと思うのですが・・・

くもんをするのも良い手かなぁと思いました。

わが家は、お受験が終わってから、年長12月に始めたのですが、文字があまり書けず、ちょっとかわいそうでした。

最近は、皆さん、小学校で習う漢字も勉強させてしまうらしいですね。驚きです。

年少の時に、点図形とかをはじめ、くもんでひらがなを学んでおくのも良いと思います。

鉛筆を使うと、指先を使うことにつながるので、脳にも良いように思います。

ステップとしては・・・

まずは読めるように、文字を覚えること。

次に、ひらがなを学んで書くこと。そして、手紙を書くなどの行動につながり、コミュニケーションスキルアップにもつながるように思います。

読む練習としては・・・

まずは、こういったもので、好きな果物とか、好きな動物とかを作る遊びをするのです。

同時に、点図形とか、線を書く練習をしながら、鉛筆を持つ練習をして・・・

文字を書くことにつなげていきます。

ひらがなを書くことを始めたら、自分の名前をきれいに書けるように練習すると、幼稚園や保育園などで、ほめられたりして、文字を書くことの楽しさを知っていくと思います。