幼児期に大切なこと

娘が生まれて、

生活がガラリと変わりました。

今までバリキャリと思われていた私(笑)

 

そんな私も娘の可愛さにメロメロ

でもね、会社でのキャリアを失いたくない、娘との時間も失いたくない

そんな葛藤の日々でした。

精神的にきつかったなぁ

 

今も、悩み続けています(笑)

 

ただね

今、思うこと

娘に色々な体験をさせたけど・・・

あれっ

大正解だった

娘の心を支えているなぁと思います。

 

それを作れるのは、乳幼児だけだと思うのです。

 

娘の小学校受験で、色々な学校の校長先生のお話を聞きました。

昭和女子大の付属小学校の校長先生が、こんな話をしてくださったのです。

「種から根付いた木と、植林した木では、違うのです。大地への根の張り方が。」

「ものすごい嵐があったりした時、植林した木は、耐えきれずに、根から倒れてしまうことがある」

そんなことを教えてくださいました。

目に見えている部分は、同じように見えても、土台が違うのですよね。

お母さまのお腹にいる時期から乳幼児期。

改めて、そこを大切にしたいと思いました。

娘と一緒に、畑を作ったり、果物狩り、田植えや稲刈り、うどん作り、餅つき、海に行ったり、山に行ったり・・・

ピアノ弾いたり、折り紙したり、公園で鬼ごっこ

娘に寄り添ってきました。

今、小学校受験で大変なご家庭がたくさんあると思います。

子どもの笑顔を失うような受験は、本当の意味で成功ではありません。

幼児期にすべき遊びや体験をしなかった場合、その後が大変です。

思春期に乗り越えることができないことが。

 

 

 

旅行にいっても、幼児期は観光はつまらない。

とにかく体験・遊び

感性を育てよう!