数と重さ

スポンサーリンク

お風呂に入って、数を数えたりすると思います。

でも、それは、単なる暗唱で、子どもは本当に数の概念をわかっているわけではない。

これはよく言われます。

数をじっくり体験すること。

遊びながら学ぶことが大切とされていますよね

視覚で、カエルの数が増えていくということを感じることが大切。

増えると重さも重くなる。

数字も変化するということを感じる。

感覚で感じること・・・これが、子どもの基礎の、土台の力となる!

カエルだけだとつまらないから、「飴とかお菓子でもやってみようか」とどんどん展開する。

初めは玩具から、そこから実生活に広げていく。

こういったことをしっかり勉強しておくと、お受験で応用がでても、解けるわけです。