数を数える

スポンサーリンク

数え方

幼稚園や小学校受験、幼児教室よりも、家庭でお母さまやお父様ができることの方がはるかに多いです。

乳児の時にすでに始まっていること!

数の数え方!

「いち に さん し ご ろく しち はち きゅう じゅう」

10までの数を数えること。

これ基本中の基本。

子どもは、数の概念でなく、この数え方を音として、覚えますよね。

私は、これをこのように子どもに教えました・

「いち に さん よん ご ろく なな はち きゅう じゅう」

日本人として、両方を覚えておく必要がありますが、まずは、よん、なな、と教えました。

なぜか?

助数詞のためです。

例えば、りんご は、4つある場合は、個をつけると

「し個」とは言わず「よん個」と言いますよね。

大人は、頭の中で、「し」→「よん」と置き換えを自動的にできるのですが、小さい子だと混乱してしまいます。

だから、私は、よん、ななを心がけたのです。

これが正解というわけではありません。

ものわかりの良いお子さんなら、すぐに置き換えができるでしょう!

わが家は・・・混乱しやすい子だったので、途中から私が意識して数を数えるようにしました。

▼ドラえもん はじめての数え方(かぞえかた) ▼日本人なら知っておきたい! モノの数え方えほん

参考になれば嬉しいです!(^^)!