新札にしていますか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新札

最近は、こういったことの配慮はあまりしなくなったかなぁ

他者にお金を渡す時に新札にすること。

結婚式で、お祝い金を渡す場合は、忘れずにしますよね。

でも・・・これっ、忘れがち↓

 

お月謝を現金で払う時に新札にする

 

厳しい先生、お年を召した先生、お習字やお茶、お花のお稽古の先生、幼児教室の先生方などの場合は、注意が必要ですね。

「今月も(来月も)どうぞよろしくお願いします。」

一言添えて、お渡しできると気持ちがいいですよね。

まぁ 気にされない方もいるので、様子見ですけど。

封筒準備

厳しい先生の場合に配慮が必要なのが、封筒もですよね。

まぁお茶などですと、月謝の包み方も先生により、厳しい決まりがありますから、従いましょう。

 

私は、封筒は和紙タイプと安い白封筒の2種を用意しています。

  

鳩居堂のものがいいけれど、こういった和紙タイプを選ぶと良いですね。

これはお安いので、準備しておくと月謝に便利です!

お礼、心づけ、挨拶などに使用できる封筒タイプの万円袋。
慶弔両用で使用でき、字なしタイプですのであらゆる用途に使用できます。

こういうポチ袋も大好き

鳩居堂に行くと、ついで買いしちゃうのです。

お札準備

窓口のある銀行だと、両替機がおいてあったりしますよね。

わが家は、新札にするときは、三菱銀行でキャッシュカード持参で機械を使って、交換します。

でもね・・・10枚まで。

行ける時にいって、家に少し新札をおいてあります。

参考になるサイトがありましたので、リンク貼っておきますね

お金を渡すときに入れる封筒の書き方とは?封筒の種類やお札の向きも注意が必要!
歓迎会などの会費や月謝の支払い、お礼など、お金を渡す機会は数多くありますが、そんな時にお金を封筒に入れたほうがいいのはわかるけど、どんな封筒にどういれて、なんて書いたらいいの?と悩む人も多いでしょう。今回はそういった時のために、お金を渡す際の封筒の書き方をご紹介します。