本番は近づいてきます。

ペーパーは、どんどん難しくなっていきますよね。

レベルで言うと・・・こぐま会のひとりでとっくんシリーズの真ん中あたりのページが標準レベルの問題で、後ろの数ページの難しいものが、少し入ってくる感じでしょうか?

難しい問題・・・ほぼ皆さんできません、もしくはスピードが遅いので、時間切れとなる感じ。

今の時期は、それくらいでいいと思います。

基礎を絶対に間違うことのないように、積み上げていけば、かなり高い点数がとれます。

難しい問題で、子どもが自信を失い、やる気を失うことのほうが、もったいない。

 

こぐま会の問題集は、とても素晴らしいと思います。

私は、本屋さんで、まとめ買いしましたが、今は、アマゾンですべてそろっていますね。

たった数百円の問題集ですから、まとめて買った方がいいです。

塾や家庭教師をつけることを考えると、安い投資です。

こぐま会の問題集は、小学校受験をする子だけでなく、中学受験する子にとっても、とっても良い問題集だと思います。

地頭をよくするための問題集!

今の時期は、とにかく購入した問題集を信じて、こなすことが良いと思います。

1回ではだめです。何度も何度も。できなかった問題は、マークしておいて、何度も何度も

ブラザーは中学受験でも大人気です。

冊子など、見開きでコピーやスキャニングができます。

ADFがついていれば、プリント類は数十枚を読み込み、コピー・スキャン可能。

小学校になったら、もっと活躍します!

 

さて、お勉強のほうですが・・・

私自身、すごく悩んで、どうすれば良いのだろうと、右往左往していましたが、子どもの可能性を信じて、一歩一歩進むしか手はありません。

摸試の成績が悪くとも、それこそ宝です。

できなかった部分を補えばいい。

それを子どもにしっかり伝えてください。

 

久野先生の本は、悩んだ時に手にとると、心が落ち着きますよ。

知人が、来年受験で、不安がっていたので、上記のようなことをアドバイスしました。
頑張れ!受験生!