注意! お弁当のプチトマト

「元国会議員・宮崎謙介さんの子ども弁当のコツ3選 時短でつくれてお残しゼロ!」

元国会議員・宮崎謙介さんの子ども弁当のコツ3選 時短でつくれてお残しゼロ!|Mart(magacol) - Yahoo!ニュース
元国会議員の宮崎謙介さんは毎朝息子さんのためにお弁当を手づくりしています。その腕前は多くの人から注目され、アメーバブログのパパ部門ランキングで上位に入るほど。今回はそんな宮崎謙介さんがお弁当づくりで

という記事をみて、まぁ 頑張っているのね~と思いましたが、その写真を見て、えっ驚き!!!

プチトマトがそのまんま入ってた~

これっ 写真だけ、どこかから借りているのか、それとも元国会議員・宮崎謙介さんのものなのか??

写真の件はさておき、今は、仕事だけでなく、子育ても頑張っていらっしゃるのですね。

 

プチトマト問題!!ですが、

昨年もブドウで、今年はパンで、子どもの死亡が発生していますよね

プチトマトはかなり危険ですよ!

かならずカットしてくださいね。工夫で汁はでませんよ。

保育園だと、そのままでてくることはありません。

お弁当を作るお母さま方、どうぞお気をつけください。

 

年少さんは特に、一口サイズで口に入るようにするのはもちろんなのですが、お弁当は小さめにカットしてあげると、子どもの負担がありません。

家で食べるのと違って、幼稚園では、少し緊張しながら、そして、はやく遊びたくって急いで食べたり、誰かに気をとられたりして、飲み込んだりしてしまうのです。

自分が作ったもので、万が一にも子どもが窒息したら・・・

どうか、乳幼児のお母さま方、気をつけてくださいね。

(小学校でも、給食のパンで窒息がありましたよね)