言葉を覚える

スポンサーリンク

言葉

年長になると、話しの記憶やしりとりなどで、言葉を知っていないと、問題をとくことができないような、そういった問題がでてくるようになります。

また、その機能を知っていないと、やはり、問題が解けない。

娘が年中くらいの頃、ある難関学校の予想問題を見た時にでていた「人力車」

人力車なんて、幼児が覚える言葉ではないと思っていたので、正直驚きました。

それで、浅草に行って、人力車に乗ってみました。そのついでに、出来立て人形焼きを食べたり、焼き立ておせんべい、イモ羊羹を買ったり、浅草寺でお参りしてみたり、おみくじを経験したり・・・そういった体験を大切にしてきました。

また、大江戸博物館には、人力車がいくつかあり、乗って記念撮影することができます。

「かまくら」 雪で作るかまくらです。体験ツアーもあるのですが、わが家は東京で経験させました。実は毎年お茶の水で雪まつりがあるのです。

神田小川町雪だるまフェア  2019年は、1月19、20日開催でした。

【小川広場会場】
・ちびっこ雪あそび広場(時間:10:00~16:00)
・大きな雪のすべり台(時間:10:00~15:30)
・雪のおうち かまくら体験(時間:10:00~15:30)
・宝さがしゲーム(時間:14:00~14:30)
・東京メトロの雪まつり(時間:10:00~15:00)
・物販・飲食コーナー(時間:10:00~15:00)
・吹奏楽団演奏(時間:20日(日)12:30~13:00)
【靖国通り会場】
・巨大雪だるまストリート(雪だるまコンテスト)
・万座温泉直送「足湯」体験(時間:19日(土)11:30~18:00、20日(日)11:30~16:00)
・無料大抽選会(時間:19日(土)12:00~18:00、20日(日)12:00~16:00)

結構、混みあいます。有名になっていて・・・。

言葉が広がる

私が、人力車という言葉にアンテナをたてるだけで、娘の世界も広がるのです。
浅草に行くと、それはそれは面白い体験ができます。子どもって外国人の観光客と一緒です。仲見世で売られている着物とか、扇子とか、刀のお着物とか・・・面白いものに興味もっていました。

アンテナをたてて、行動してみることで、自然に子どもの言葉が爆発的に広がります。

勉強している感覚ではなく、知りたいという好奇心で、どんどん言葉が広がります。
親って、そういう環境を作ることが大切なのだと思います。

是非、家の中だけでなく、五感で覚えられるように、外に出て見てください!

0さい~4さい こどもずかん 英語つき (学研こどもずかん) 幼児向け 図鑑 こども もののなまえ絵じてん