試験当日の移動手段は、シミュレーションする!

9月に入りました。

そろそろ、考え始めたほうが良いのは、移動手段について。

最終的には、受験票が届いてからのシミュレーションとなりますが、最寄り駅とか、万が一電車がとまった場合などの移動方法なども検討しておくと安心ですよね。

本番試験日 どうやって移動するか・・・
本番試験日都内の小学校受験の各学校の受験日...

 

NAVITIMEの有料アプリをいれた

娘の受験期、普段はヤフーやグーグルを使って交通主手段を調べているのですが、

有料アプリ版のNAVITIMEを使ってました。

1日2校をこなすために必要だったのです。

当日、電車が止まったら、混雑していたら、車で移動するにしても渋滞したら・・・

心配は山のよう。

早く着きすぎた時など、どこで待つ?

最寄り駅などに早く着きすぎてしまった!!

そういった場合に、どうするか!

これも考えておく必要があります。

大雨だったり、台風だったり、逆に暑かったり・・・と何が起きるかわかりません。

コロナで、人がいるところには居たくないという気持ちもありますので、頭が痛いですよね。

念のためのカフェもチェックしておくと安心ですね。

ひとつ手前の駅で待機。わざと乗り過ごして折り返してくる。色々と手はあります。

とにかく、立って待っていて、子どもが疲れてしまうことがないように。

トイレ

わが家も摸試で痛い経験があります。

駅で駅構内のトイレを使用し、摸試会場に向かいました。

少し早く着きすぎてしまい、しかし、心配なので、娘にトイレに行くように言ったのですが・・・

「さっき行ったばかりだよ」と言われてしまい、それもそうね。と行かせず、摸試に送り出しました。

摸試の結果が返却され・・・

「あれっ 点数が低い・・・」

先生から、

「〇〇ちゃん、ペーパーの時に、トイレ我慢できなくて、教室からでたようなんです。だから、できなかった問題があるみたいです。ペーパーに答えがまったく書かれてませんよね?」

と教えていただいたのです・・・。

娘にすぐに、聞いたら、試験が始まって、急にトイレに行きたくなってしまったとのこと。緊張したのでしょうか?

この件があって、トイレには、試験会場で必ず行くこと、しっかり出すということ、を覚えよう!と教訓にしました。

子どものトイレに行きたいという感覚は、まだまだ発達途中なんですよね。

トイレは、最寄り駅で1回、試験会場の学校で1回行くということを、子どもに伝え、習慣にすること。

なるべく、きれいなトイレに行かせてあげたいし、トイレの場所確認は大切です♪

早朝の場合

お試験が早朝の場合・・・

わが家も2校ほど、早朝がありました。

集合時間が7時台(涙)

6時には家を出ないといけない。寒い。手が凍えます。

近隣のホテルに泊まる方もいるそうです。

ベストな選択

何がベストかは・・・

うーん やっぱりわからない。

ご家庭、子どもにもよりますよね。

うちの娘は、慌てるのが大嫌い。

のんびり屋さん。

だから、どんな時も走ることがないように、時間にゆとりを持たせてました。

「急いで!」とせかすと、顔色が変わるんです。

だから、シミュレーションは、少し時間をかけました。

皆様も、ご検討を!