読み聞かせをしましょう

スポンサーリンク

緊急事態宣言の解除がいつになるか・・・

小学生の娘に、いまだに読み聞かせを続けています。

絵本だけでなく、少し難しい本も読みます。

とにかく、親から本を読んでもらった、その本について語り合った、そういった親子の時間を持ち、記憶にとどめてほしいから。

有名な佐藤ママ(笑)

娘の幼児期にこの方の記事を見たことがあり、3歳までに1万冊ということをおっしゃっていました。

私は、働きながらの子育てですので、1万冊にはとても及びませんが、毎日、最低3冊は読むことを自分で決めていました。

▼東大脳を育てる! 読み聞かせ絵本100

▼3歳までに絶対やるべき幼児教育: 頭のいい子に育てる

絵本を読み聞かせして、どういった効果なのか・・・わかりませんが(笑)

読むこと、話すことが好きな女子になりました。

そして、TPOで言葉を使い分けすることも幼児期によくわかっていました。

図書館の絵本コーナーの本を全部読むつもりでいると良いと思います。

それくらいでも、佐藤ママに負けちゃうかな(笑)

大手幼児教室に通い始めた時、確か・・・読むとよいという本が年齢別に書かれているを1冊いただいたように思います。本棚にあるはず!

年長さんは、とにかく何回も昔話を学んでくださいね

読み聞かせ
コロナウイルスで外出があまりできない今は、たくさん読み聞かせをしましょう。読み聞かせは、子どもの心を育てるように思います。この本が小さくて、いつも持ち歩けるので、愛用していました。くもんでも...

これは、毎年どこかの学校ででます。ペーパーででなくとも、面接の中でカードで場面を見せられ、答えるということもあります。

読み聞かせは、とにかく毎日必ずいたしましょう。

親子の大切な時間ですね。