雲を見る

スポンサーリンク

幼児期には、色々な知識の種を巻くとよいと思います。

何かの付録で付いてきた雲についてかかれたカード。

そこから始まり、小学生になった娘は、雲について語ってくれることがあります。

つい先日も・・・

いわし雲

朝の事・・・秋の太陽、空がとてもきれいでした。

「ママ 空を見て いわし雲だよ きれいだね」

「いわし雲があると雨が降るんだよ!」

私は、雲については無知で、雨が降るなんて・・・知りませんでした。

午前10時・・・なんか曇ってきたと思ったら、雨がパラパラ・・・

えっ 娘の天気予報があたった・・・。

調べました

ネットで調べました。

高い空に小さな固まりがたくさん集まったように見える雲がありますが、これはいわし雲とかうろこ雲と呼ばれ、巻積雲の一種です。この雲は低気圧の前面に現れることが多く、半日くらい過ぎると雨が降ると言われています。
いわし雲は秋以外にも見られますが、秋の移動性高気圧の後ろ側によく見られ、秋の季語になっています。

そうなんだ~

この本、色々なテーマで書かれているのですが・・・とっても良い本です。

他にも

色々あって・・・好奇心をくすぐられます!

感性を育てるのは幼児期から!