願書対策は、お早目に

スポンサーリンク

願書

お早目にって、いつからなの?

そう思いますよね。

今、思うと、わが家の場合は、新年中から幼児教室に入ったので、年少の11月でした。

その時からすぐ初めても遅くなかったと思っています。

働いていると、学校に行くのも有給休暇を使ったり、週末でも子どもを誰かに預けなくてはならなかったり・・・都合をつけるのが大変でした。

できれば、年少の春頃から、動ければ、もう少し余裕があったかなぁと思います。

やはり、子どもの6年間のために、人から聞くのでなく、自分の目で学校を見て、確かめたいですよね。

願書を手に入れる

受験を検討する学校の願書を手にいれるのも、その学校を知るための良い方法です。

学校によって、内容がそれぞれで、学校が求めていることに違いがあるように感じると思います。

▼ これ、色々な学校の願書が掲載されています

願書を分析して、学校が求めている子ども、ご家庭を知り、それに見合った子育てをして、エピソードを書かなくてはなりません。

エピソードは、日ごろからメモをして、子どもの様子がその時どうだったか? どんな成長が見られたか? 失敗してそのあと、どう頑張ったか? などなど、書いておかないと、いざ願書を書こうと思っても、難しいものです。