願書購入

スポンサーリンク

年中さん!1部だけ購入しましょう

年中の方は、本命の学校の願書を1部購入されておくと、翌年まで、計画できることがあると思いますので、良いと思います。

学校によりますが、願書に色々な情報をのっている場合もあるのです!

寄付のこととか、願書の書き方の作法とか、試験の時の服装についてとか・・・

もちろん翌年の本番で、変更がある可能性があるので、注意は必要ですよ!

買い忘れても・・・ヤフオクなどで、売りに出ることもあるので、有名校は手に入りやすいです。

年長のみなさま

絶対に・・・修正液はありえないです!と言いたい。

2部は皆さん購入していきますね。

私は気合の入ったところは3部、他は2部くらいでした。

時間がないなか、書くので、失敗するだろうなぁと・・・

いつも、娘との勉強が終わった夜中に書いていたので、戦いでした。

封筒に住所書いたり、切手貼ったり・・・

とにかく、細部まで失敗しないようにするのは、結構大変なのです。

願書をコピーして、練習

幼児教室からご指導があると思いますが、その学校の願書をコピーして、そこに実際に書いてから、清書します。

字が大きすぎて、小さすぎて、ペンが太すぎ、細すぎ・・・色々と問題が見えてきます。

学校毎に、印刷されている文字の大きさがありますので、そういったものとのバランスを考える必要があります。

小さすぎて、つめつめの字なんて、先生方もみたくないですよね。

文字は人柄がでます。行送りにも人柄がでます。そういったことも含め、コピーしたもので練習してください!

コピー

書いた願書は、封筒も含めて、すべて、コピーしていました。

いざ、面接の時に再度、確認。

まぁ 写真を撮っておくという手もあるのですが、やはり、コピーとって、他の資料とまとめておくことで、面接の前日に慌てずに、確認作業を夫婦で現物見ながら、予習できるのです!

だからA3までコピーやスキャンできる複合機は、自宅にあると便利です!

中学受験でも大活躍のブラザーのADF付きのA3コピー可能の複合機!

わが家は、二段トレーの大きなものを購入しましたが・・・一段でも良いかも・・・

でも、小学校や塾のプリントサイズはB4が標準なので、やはりこれくらい必要。

買っておいて損はない!