幼児教室の体験は必須?

必須だと思います。

だって、もしかすると、そこに数十万~数百万円のお金を投資することになるのですよ。

そう考えると、必須。

そして、もっと大切なことは、大切な我が子を預けるということ。

安心・安全であるのか?

成長を導いてくださるのか?

子ども達の成長を心から喜んでくださるような先生方がいらっしゃるのか?

 

子どもは環境から学ぶと言われます。

もし、幼児教室の先生同志が仲がわるかったり、言葉遣いがわるかったり、部屋が汚かったり・・・

子どもはそれを吸収してしまいます。

そういう子に育ってしまいます。

それは怖いことです。

特に難関校に我が子をいれたい!と思ったら、掃除が行き届いているか、整理整頓は?

そういったところまで見る必要があります。

 

そして、授業のスタイルもきちんと確認!

参観型は、親にとっては結構大変です。

メンタル的にも。

ですが、ジャックの合格人数が多いのは、やはり参観型だからだと思います。

いい意味でも、悪い意味でも、親が教師となり、家でお勉強できますから。

 

小学校受験は、長い人生のひとつのマイルストーンに過ぎません。

ですから、見誤らないように。

色々なお教室を見て、家庭やお子様と相性のよい所を選ぶのが良いと思います。

そうでないと・・・「行くのヤダー!」と駄々をこねる結果にもなりかねません。

そうなるのは、子のせいではないはずです。

よく観察して問題を見つけましょう。

Amazon.co.jp: お母さんの「敏感期」 モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる eBook : 相良敦子: 本
Amazon.co.jp: お母さんの「敏感期」 モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる eBook : 相良敦子: 本