育ちの良さが自然にでる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

娘の姿

子ども達を見ていると、ちょっとしたことで、育ちのよさ、躾のすばらしさを感じることがあります。

わが家は、ふつうの町中の認可保育園に通っていました。

そこにいる子は、男の子も女の子も野生児でした。

のびのびと自由に育てられている園。

どろんこ遊びも!

もちろん、その園の方針も大好きでした。

 

 

ですが・・・私立小学校ネットワークで、できたお友達。

特に女子校の方々は、お上品です。

 

机の上にある、ものを取る時、

娘は、片手でとり、私に「はい!」と渡してくれます。

女子校の女の子は、両手で取り、「はい、どうぞ!」と渡してくれます。

 

同じ子どもでもお育ちで違いますね(笑)

私がガサツで、片手で物をとる人間なので、娘もこう育ったのだと思います(涙)

娘が、私のところから巣立つまでに、なんとかしていきたいと思います(汗)

 

ステキ女子のお母さまに聞いてみた

ステキ女子のお母さまに

「どうして、そんなに、ステキ女子なの?」

聞いてみました(実際は丁寧にお伺いしましたよ)。

 

モンテッソーリ教育をお嬢様は受けてきたそうです。

モンテッソーリって、流派があるんですよ!

白百合系は国際資格をもっているそうです。

お教室系は、国内の団体の資格が多いとのこと。

国際資格は、歴史が古くて、お作法や所作といったことが、とても丁寧なのだとか。

お母さまもモンテッソーリ教育の幼稚園だったそうで、

「どんな感じでした?」

と伺ったら、

「お仕事の時間は、静かな感じ」

娘の保育園だと、送迎で、ケンカしている男の子たちを見ることもあるくらい、うるさいので、それがどんな感じなのか? 私には????

 

環境が大切

色々な教育本で書かれているように、やはり環境が大切なのだと思います。

親も、園の先生、学校の先生が、物を丁寧に扱うような環境、いつも両手で丁寧に。

そうしていると、それが当たり前のこととして、子どもに定着するのですよね。

できれば、乳幼児期にそういった環境に子どもを置く。

 

その日は、ステキ女子のお友達と、室内アスレチックに遊びにいった日です。

元気に遊ぶ、アクティブな子ども達。

でも、違いがずいぶんあるのだなぁと、子どもを眺めつつ、お母さま方とお話をしながら、色々考えてしまいました。

そんな1日。