お料理のこと

幼児期にお料理に親しむこと。

とっても大切だなぁと思います。

娘は好き嫌いが多く、特に野菜はあまり食べてくれません。

ですが、お料理を通して、少しずつ食べられるものが増えていきました。

こちら、リセマムで取り上げられていました。

火も包丁も使わない! はじめてのお料理BOOK 楽チンしっかりおかず編 | 阪下 千恵 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで阪下 千恵の火も包丁も使わない! はじめてのお料理BOOK 楽チンしっかりおかず編。アマゾンならポイント還元本が多数。阪下 千恵作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また火も包丁も使わない! はじめてのお料理BOOK 楽チンしっかりおかず編もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

わが家は、保育園児。

私が働いているため、平日は、なかなか忙しくしているのですが、受験当時は、毎週土曜日に夕食を手伝ってもらっていました。

キノコは、よく使ったなぁ(笑)

しめじなんて、ほとんど包丁使わなくていいし、シイタケとか切るにしても、切りやすい(笑)

子どもでも、簡単に安全にできるように考える。

子どもの一人でできた!

それを大切にしました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

体験の宝庫

そうそう、玉ねぎのみじん切りなんかも、とっても良いエピソードになりますよ。

「涙がでました。」

っていうのは、やってみないとなかなか、子どもの口からは出てきませんから。

 

ひき肉をボールの中でこねる感覚。

これも、子どもに表現させるとおもしろいです。

どこかに出かけることだけが、体験ではない!

 

お料理をしてテーブルセッティングをして、誰かに何かをしてあげることの喜び。

作ったものを写真にしたり、絵を描いたり・・・

とにかく、料理って、いろんな展開につなげられるのです。

 

エプロン結びの練習にもなります(笑)