志願倍率10倍超えも「小学校受験」超人気の理由・小学校受験2022、最新事情や合格のポイントは

なつかしい・・・小学校受験。

思わず、ネットの時期もみてしまいます。

10月から本格的に始まる小学校受験。昨年は、コロナ禍の影響で小学校受験をする家庭が急増し、志願倍率が10倍を超えるところも少なくなかったという。今年はどうなるのか。不動の人気校、近年注目されている学校など、小学校受験の最新事情や合格のポイント、また「某デパートの写真館で撮ると合格しやすい」「説明会の服装は某デザイナーのスーツがいい」などの都市伝説の真偽について、小学校受験塾の老舗、ジャック幼児教育研究所 理事の吉岡俊樹氏に話を聞いた。
志願倍率10倍超えも「小学校受験」超人気の理由 | 東洋経済education×ICT | 東洋経済オンライン
10月から本格的に始まる小学校受験。昨年は、コロナ禍の影響で小学校受験をする家庭が急増し、志願倍率が10倍を超えるところも少なくなかったという。今年はどうなるのか。不動の人気校、近年注目されている学校など、小学校受験の最新事情や合格のポイント、また「某デパートの写真館で撮ると合格しやすい」「説明会の服装は某デザイナーの...

 

コロナで、色々なことが変わりました。

私たちの生活だけでなく、小学校受験も。

IT化がとにかく進みましたよね。

今までの小学校受験では、ITは悪とされている風潮がありました。

とにかく昭和がいいという感覚。

この変化はとても良いことだと個人的に感じています。

さて・・・会社のお受験ママが・・・

雙葉の倍率があがっているという話。

コロナで、色々な学校の試験時間が短くなっていて、併願がしやすくなっている。

雙葉の倍率が、すごいことに。

「ただでさえ、貴重な11月1日に受験してくる本気度の高い学校なのに・・・(涙)」

女子校を希望している方にとっては、コロナはマイナスに作用しているなぁと思いました。

雙葉や白百合は、受験人数は非公表ですよね。

いったい何倍になっているのでしょうね。

幼稚舎も気になるところです。

 

同僚は・・・

ここまで小学校受験が過熱するなら・・・女子校に幼稚園から入園すればよかった!!と言っておりました。

そして・・・

小学校受験は、幼稚舎一択で受験すればよかった!!!

とのことでした(笑)

 

これからお受験という方は、学校説明会用に、こういうのを揃えても、いいですね。

お金はかけすぎないのがポイント!