合格・不合格の伝え方

これっ すごーく難しい。

ただね。

子どもを大人たちの戦いに巻き込んではいけないということ。

そこが一番大切。

 

わが家の場合は、認可保育園で、中学受験をする子が比較的多い地域。

でも小学校受験は、毎年、いるかいないかの程度と園長先生がおっしゃっていました。

ふたをあけてみると、娘の年は、2人だったみたいです。もう一人の方は、国立のみで抽選落ちという結果。

そんな保育園でも、娘が小学校受験を終えて、登園した時

知らない先生や保護者から声をかけられ、「どこの小学校にいくの?」と声をかけられたそうです。

「パパとママが選んだステキ小学校です」と答えさせて、おけばよし!だと思います。

落ちていたら、すごく酷なはなしですよね・・・。

大人ってひどいなぁと思いました。

 

幼稚園なんかだと、他の保護者からも聞かれることがあるかもしれませんよね。

相手の進学先を聞いて、こちらが話さないと、波風がたつ場合もあるから、一番良いのは、相手のもきかない、自分も言わないのが一番です。

「子どもにもまだ話してないので。ごめんなさいね」が一番。

それはね、幼稚舎や雙葉に合格していても、それが一番。

信頼できる方以外には、伝えない。

幼児教室で、色々と見たり、聞いたりしました。

同じ幼稚園から、同じ幼児教室に来ていることってあるのですよ。

お母さま方の関係維持がとても難しいらしいです。

まぁお母さまの性格にもよりますが。

 

子どもは、話してしまいますから。

「パパとママが選んだステキ小学校です」

これで良いとおもいます!!

「嬉しいわね。小学校から、たくさんのご招待状が届いてしまって。でも1校しか行けないので、もう少しかんがえましょうね。」

とにかく、子どもが不安になることのないように!

眠れない日々 涙の日々
力を抜いて!第一志望の発表を待ち続け、眠れ...