巧緻性=こうちせい

小学校受験を意識するまで、

こうちせい って言葉は、私の語彙のなかにはありませんでした(笑)

まぁ 器用って言葉くらいかな。私の語彙は(笑)

今は、巧緻性は必須となりました。

 

無事、私立小学校に入学できた娘は、すくすく育ち・・・

小学校受験で、運動や巧緻性やペーパーに取り組んでいて、本当によかった!と思います。

あれが、基礎だったことが良くわかります。

 

アマゾンなんかで、娘の玩具や問題集を探している時に、幼児用の玩具や本をみかけると、お受験ママの気持ちのあの頃に戻ります。

これはド定番ですよね。紐通しをスムーズにすることは年中さんあたりで、しっかりと身につけなければなりません。また10の合成なんかにも花はじきは使いやすいですよね。

そうそう、今日みつけたのは、こちらなんです。

こちは、量少なめ

 

こちらはバッグまでついている!

かわいい! ビーズなんですけど、紐がなくてもビーズをつなげることが可能なんです。

これ、巧緻性だけでなく、表現力とかも創造力とかもupしそうで、娘の幼児期にみつけたかった!!!

勉強でなく、遊びの中で巧緻性を養うことが一番。

イヤイヤやっても、脳は育たないんですよね。

楽しくやって、できた!っていう瞬間にドーパミンながれるし、シナプスが強固につながる!

だから、子どもがもっとやりたい!って気持ちを作れるように環境を整える。

親の役目はそこ。

 

あとは、ステキね~ ママにも作って~ ねぇこんなのは作れる?

巧緻性は日々の遊びから♡