バッグの中身を見直し

スポンサーリンク

出産時の入院準備ではないけれど、そろそろ、母親のバッグの中身を整える時期です。

埼玉は、早い学校だと9月から試験が始まりますね

神奈川は10月に入ってから。

そろそろ、バッグの中身を整える準備。

大人の持ち物は

■スリッパ
■下足入れ
■ハンカチ、ティッシュ
■財布
■筆記用具・手帳・スマホ
■願書のコピー
■面接用メモ
■待ち時間用文庫本(カバーをつける)
■絆創膏・マスク
■雨具(傘)
■サブバッグ
■化粧品等
■水筒(コップ付き)
■ウエットティッシュ
■ゴミ捨て用のビニール、子どもがどんぐりなどを拾った時用ビニール)
■子ども用(絵本、折り紙、おやとり・小さなスケッチブック)
■子ども用(ヘアゴム、ピン、櫛、ワックス)
■子ども用(一口サイズのお菓子、歯磨きガム)
■子ども用(ハンカチの予備)
■子ども用(靴下、必要があれば着替え)

忘れ物があると、精神的に焦りますから!

スリッパ

かかとがあるものがおすすめ。面接などで、教室に入る時などに、音がしてスマートじゃありませんから。

サブバッグ

今でも使っているこちらが本当におすすめ。リボンがついていて、上品なのです。

水筒

そうそう、水筒はコップ付きと書きましたが、女子校対策です。女子校を受験される場合は、直のみは避けた方が賢明です。どこで、見られてしまうかわかりません。

わが家は、共学用・女子校用として娘用に水筒を2種類用意していました。

▼ サーモス 水筒 コップ付き

また追記します。