受験間際の習い事 バレエ

スポンサーリンク

受験間際までの習い事

わが家の一番早い受験は9月だったかなぁ?10月頭だったかな?

9月末の間際までしていたのは、実はバレエです。

発表会にでるとなると、とても大変なバレエですが、その年のバレエの発表会は見合わせていまして、通常のレッスンのみ9月末まで、受講していました。

それが、娘の息抜きでもありました。

踊ることで、ストレス解消ができていたのです。

それを、なんとなくそれを感じ、大切にしました。

そして、その時間を大切に、できることを褒めまくりました!

「お背中がピーンとしていて、とっても素敵なバレリーナね」

りん
りん

親が子どもに寄り添うこと・・・難しいけど・・・頑張ろう!

難関女子校受験

難関女子校を受験する女の子たちは、バレエを習っている子が多いそうです。
確かに・・・幼児教室でご一緒した女の子たちのほとんどが、バレエを習っていました。

わが家は、娘にバレエがしたい!と懇願され、習うことになりました。毎年の発表会、月謝、発表会費用を考えると・・・なんだか重い腰が上がらなかったのです。すぐに飽きられたら、入会金勿体ないと思っていましたが・・・

今でも、バレエは大好きだそうです。

姿勢もよくなり、なんか、佇まいが目立ちます。
発表会で舞台に達立つということは、お受験の舞台とイコールだなぁと感じました。
バレエは、やはりおすすめ。

スポンサーリンク

休んだ習い事

ピアノは家での予習復習が大切でな習い事なので、お休みするように幼児教室から言われていたので、当時習っていたヤマハのピアノのグループレッスンをお休みしていました。

実はそれは大正解。グループレッスンだけに、できないとツライ思いをするのです。

休んでよかった(ほっ)

ほかにもいくつか習い事は、休みをいただきました。

9月までしたのはバレエだけでした。ピアノは半年くらい休んだかなぁ。

あの判断が正しかったかどうかは、よくわかりません。

私立の合格がわかり、国立の願書は出していましたが、受験することはやめたので、11月末からはすべて通常通りにもどしました。

子どもの負担を軽くするように、マネジメントするのは親の役目。

小学校に入学し、今、思うこと

お受験が終了し、今も習い事については、大変な思いをしています(笑)

子どもの可能性は伸ばしたい!

だけど・・・子どもの重荷になってはいけない・・・。

でもね・・・親も送迎が大変!!!

とにかく、「今」を大切に、子どもの気持ちを一番に、思いやること。

それを大切にしています。

お受験は、親が思う以上に、子どももストレスがかかっています。

それを親が気付けるのか、それがお受験成功の秘訣。

「やめるのではないよ。大変な時は、お休みすることも大切なことよ」

それをどうやって、子どもの心に響くように伝えられるか、母としての力の見せどころ♪

子どもの心を、子ども自身以上に、わかる、理解する親になれるように、気配りしましょう!