登戸 襲われた子ども達

スポンサーリンク

襲われた子ども達

なぜ、こんなことが・・・

カリタスの子ども達の傷ついた心を考えると、涙がでます。

私たち大人がどのように彼女たちを守れるのか・・・

犯人が自殺し、その真相がどこまでわかるのか・・・

ただ、犯人の不幸がなぜおこったのか、私たちは目を向ける必要があります。

悪をうみだしているのは、彼だけでなく、この社会なのでは?と私は思います。

幸せに包まれた充実した子ども時代を、私たち大人は、用意しなければなりません。

幸せに包まれた子どもは、それを伝播させます。

負の連鎖をストップするには、長い時間がかかります。

暴力、殺人、戦争・・・

憎むべきものはたくさんありますが、私は、遠い未来の人の幸せな社会のために、今、努力しなければならないと思います。

どうか・・・神様、傷ついた子ども達をお守りください。

亡くなられた方のご家族様をどうか、お守りください。

しばらく送迎

我が娘も、私立小学校に通っており、他人事ではありません。

模倣犯がでるかもしれませんから、できる範囲で、送迎を考えています。

もう一度、安全についての確認を娘としようと思います。