本番の子どもの服装 オーダーも検討してみよう

スポンサーリンク

お受験の服はファミリアか

子ども服はファミリア!

小学生になって、ファミリアの服は着ることは少なくなりましたが、幼児期はよく着ていました。
売り場に行くと、お受験コーナーがありますし、店員さんもお詳しいので、安心ですよね。

ですが、幼児教室で、他のお母さまとお話しして、色々なことを教えていただきました。

・ファミリア以外にも、他のお店もたくさんあること(マムエモアとか)
・オーダーという手もあること

なぜ、そんなに皆さん子どもの受験服について検討しているかというと・・・

・わが子が一番輝いてほしい
・洋服が一緒だと、みっともない
・洋服が一緒だと、子どもが集中できない・動揺する

まぁ 色々と考えているのですよね~
私なんて、ファミリアで買っておけば良いだろうと思って、年中の時に摸試用として、無難なものを購入して着用させていましたので・・・自分の浅はかな考え方に反省させられました。

「ご紹介しますよ」と声をかけてくださったお母さまもいて、なんて優しいのだろう(涙)と感激しました。

オーダー服のメリット・デメリット

オーダー服・・・素晴らしいものは、素人でも一目みればわかります。

手の込んだスモッキングなどの刺繍がうながされていたり、ブラウスとジャンパースカートと靴下のすべてに同じ刺繍がほどこされていたり、美しいですよね~
生地も高級なものが使われ、安物の服と並ぶと、やはりわかります。

メリット

・ゼッケンなどで隠れていなければ、子どもが目立つ
・子ども自身が、自信をもって臨める(これっ すごく大きかったです)
・面接で、面接官の記憶に残るかも

ある女子校の面接の時、子どもにカードを見ながら質問するために、面接官の前まで進んだのです。色々なチェックのためだとは思うのですが・・・
あれだけ近ければ、洋服の状態(汚れ・しわ・品質)がわかると思いました。子どもの着ている服装で、財力やセンス、家庭の姿勢を確認しているのでは?と思ってしまいました。事実はわかりませんが。

デメリット

オーダーして、いいことばかりではありません。

・子ども雰囲気に、洋服があっていない・・・着れない
・サイズが小さくなってしまった(ある程度は、直してくださいます)
・価格が高い

作って感じたことは、オーダーの服って、ファミリアの服に比べて、ずいぶんとピッタリに作られていること。体に合わせて作っているから当然なのですが、ファミリアと比較すると、それをすごーく感じました。既製服はかなり横幅が大きめなんですね~

どんなお店があるの?

お店によって、ずいぶんと雰囲気が異なりますね。

そうそう、オーダーは、時間がかかるので、新年長のうちにオーダーを済ませておかないと、注文を受け付けてもらえないところもありますから、ご注意を!

・プリンセス・E
・アトリエ野中
・アトリエ秋山
・七里久美子
・よつば

オーダーする場合は情報収集を

学校によって、色のお好みがあったり、チェックがよかったり、キュロット着用だったり・・・
志望校が決まってないと・・・洋服情報を収集できず、オーダーのタイミングが遅れます。

例えば、早稲田実業は、一次は女の子はキュロットです。二次にジャンパースカートを着ますが、「去華就実」を校是としているのに、刺繍が華やかなものを選ぶのは・・・情報収集不足は否めません。

そんな具合で、洋服ひとつとっても、学校研究が必要なわけです。