雙葉小学校 親の祈り

スポンサーリンク

雙葉小学校の説明会

四谷にある雙葉小学校の学校説明会に初めて参加しましたのは、娘が年中の時です。まだ、受験しようかどうか悩んでいたのですが、幼児教室の先生から、「10校くらいを目安に色々な学校の説明会に伺うように」とアドバイスをいただいていたので、雙葉小学校の学校説明会に伺いました。

ただ、この雙葉小学校の説明会に参加するためには、ハードルがあります。

学校に伺えるのは、この夏の説明会の1回のみ!

説明会参加のために、往復はがきを指定期間にださなくてはならない!

他の学校は、予約しなくても良いところもあるくらいですが、雙葉小学校、厳重です。

他の郊外にある学校と比較すると、こじんまりした印象ですが、温かな優しい空気に包み込まれているようなそんな気がいたしました。

学校説明パンフレット

配布されるパンフレットは、A4を三つ折りにしたこちら

他の学校では、「これでもか!」と多くの配布物をいただくことが多いので、正直、その少なさに驚きました。これがカトリックなのですね。清貧を感じさせます。

このパンフレットの中に1枚の紙が入ってました。

私は、知らなかったのですが、この1枚の紙に書かれている「詩」がとても有名なのですね。

「親の祈り」

神様

もっと よい私にしてください。

子どものいうことを よく聞いてやり
心の疑問に 親切に答え
子どもを よく理解する私にしてください。

理由なく 子どもの心を傷つけることのないように
お助けください。

子どもの失敗を 笑ったり 怒ったりせず
子どもの小さい間違いには目を閉じて
良いところを見させてください。

良いところを 心から褒めてやり
伸ばしてやることができますように。

大人の判断や習慣で
子どもを しばることのないように
子どもが自分で判断し
自分で正しく行動していけるよう
導く知恵をお与えください。

感情的に叱るのではなく
正しく注意してやれますように。

道理にかなった希望は できるかぎりかなえてやり
彼らのためにならないことは
やめさせることができますように。

どうぞ 意地悪な気持ちを取り去ってください。

不平を言わないよう助けてください。

こちらが間違った時には
きちんとあやまる勇気を与えてください。

いつも 穏やかな広い心を お与えください。

子どもといっしょに 成長させてください。

子どもが 心から私を尊敬し慕うことができるよう
子どもの愛と信頼にふさわしい者としてください。

子どもも私も 神様によって生かされ
愛されていることを知り
他の人々の祝福となることが できますように。

親として

雙葉小学校の説明会は、私に、小学校受験ではなく、親としてどうありたいかを考えさせるきっかけをくれた説明会でした。

今でも、この1枚の紙は、私の宝物です。

自分自身と向き合わなくてはならない時、この紙を手にとって、考えます。

すると、自分の至らなさが見えてきます。

説明会で、この「詩」についての説明はありませんでした。

でも、これは、雙葉小学校の大きなメッセージなのだと思います。

それは、「こういう親の子が雙葉小学校に合格できますよ」とかそんなものではないと思います。

この説明会に参加してくださった保護者の方々が、子育てする際の心持ちをプレゼントしてくださっているのだと思います。なんて心の広い学校なのだろうと、勝手に私は大好きな学校になりました(笑)

雙葉の先生方も、きっとこの「詩」を胸に、子ども達と接していらっしゃるのだと感じます。

りん
りん

中学は御三家として有名な雙葉。
でもそれだけが、雙葉小学校の人気の秘密でないことがわかりました。本当に素敵な学校なんですね。