やってないことできない ゴム紐くぐり

スポンサーリンク

ゴム紐

私の時代は、公園でゴム段をして遊んだ記憶しか、このゴム紐の使い道は覚えがありません(笑)

小学校受験では、体操で、ゴム紐を飛び越えたり、くぐったりします。

そして、正確さとスピードが競われます。

小学校受験の運動 《ゴム段飛びくぐり 》 【小学校受験の理英会 千葉校】

この動画が参考になるかな?

こどものイスの高さ・・・床から20cmだったかなぁ~?(忘れました)

この高さを飛んだり、くぐったりします。

娘は、ゴム紐をくぐるという動きに慣れておらず、初めてくぐった時の姿・・・笑ってしまいそうになりました。

やり慣れてないことは、できなくて当然なのですが・・・なんで、こんなにへっぴり腰なのか・・・。

ご注意

そうそう、これをお伝えしなくては!

幼児教室で、ゴム紐くぐりを含めたサーキットを体操の時間にしていた時のこと。

ポニーテールをしている女の子、リボンなどの飾りを髪の毛につけている子・・・ゴムに髪の毛やリボンが絡まって、困っていました。かわいそうでした。

そういったことを配慮するのも、親の役目なんです。

ポニーテールは可愛いけど、ゴム紐に引っ掛かりやすく、でんぐり返しが試験であったら、上手に回りにくいですよね。

そういったことも想定内にした髪型をお考えください。

男の子は、そういった心配がないのですが、女の子は色々と考えなくてはならないことが多いです。

生活の中に運動を取り入れよう

昔は、公園でたくさん遊ぶ中で、色々な動きをすることになり、体を自然に動かしていたのだと思います。

しかし、現代の子ども達は、極端にその機会が少ないように思います。

わが家も保育園から帰ってくるときは、近くの公園で、少しの時間でも遊ばせるように心がけていました。

そして、家の中でも、縄跳びOKにしていました。

それと小さい頃は、トランポリンをよくさせていました。

子どもって、幼児期、ピョンピョン跳ぶの好きですよね~。そういった時って、子どものサインだと思うのです。子どもがしたいことを、ドンドンさせてあげましょう。

飛んでくぐるが基本の形ですので、練習いたしましょう。

上に上手に飛べるようなると、前に飛ぶことも上手になってきます。

摸試でもゴム紐くぐり結果

模試の結果が戻ってきて、内容を見ていたところ、「ゴムひもくぐり」なんて、簡単なところで0点

どうやら、「ゴム紐に体がつかないように、くぐってください」という指示だったらしいのです。

その指示の聞きもらし?

体操の時間も、ゴム紐を潜り抜ける時に、お尻がついていました・・・。家で復習しようと思っていて、忙しくてそのままになっていました。

摸試で0点だったゴム紐くぐりについて、私も真剣に向き合いました!

くぐるだけの簡単なことが、できなくて・・・・点数もらえないなんて・・・勿体なさすぎる~

それで、特訓開始!!!

帽子用のやわらかいゴム紐を購入しました。

それともうひとつ、大切なもの。こちら。

鈴です。これをゴムにつけて、飛ぶ時に足がかかったり、くぐるときに引っ掛かったら、鈴がなって、娘にもわかるようにしました。

こういった事を書くと、すごい特訓していると思われるかもしれませんが、あくまで「遊び」です。
子どもと親が一緒になって、ゲームのように取り組みました。

ゴム紐以外も、たくさん遊びにとりいれられる運動があります。受験にとらわれず、子どもの発達を考えて、たくさん経験させてあげたいですよね!

がんばれ!