母の日

スポンサーリンク

由来

「母の日ってどんな日?」と先生に聞かれたら、とりあえずこたえられるようにしておきましょう。

5月の第2日曜日は「母の日」。諸説ありますが、よく知られているのは「100年ほど前のアメリカ・ウェストヴァージニア州で、アンナ・ジャービスという女性が亡き母を追悼するため、 1908年5月10日にフィラデルフィアの教会で赤いカーネーションを配ったのが始まり」。この風習は1910年、ウェストヴァージニア州の知事が5月第二日曜日を母の日にすると宣言し、やがてアメリカ全土に広まっていき、1914年には5月の第2日曜日が「母の日」と制定されたそうです。

日本で初めて母の日のイベントが行われたのは明治末期頃。1915年(大正4年)には教会で お祝いの行事が催されるようになり、徐々に民間に広まっていったと伝えられています。

母の日は、長い歴史の中でカーネーションを贈る日と定着していますが、日頃の母の苦労をいたわり母へ感謝を表す日ですよね。

パパは活躍のチャンス

お子様が日頃お世話になっているママに感謝の気持ちを表すためのお手伝い、パパに活躍してもらいましょう!

これこそプロジェクト活動です。

どんな風にしたら、ママが喜ぶのか?

お子様と一緒に考えるのです!

お料理? お花を買う? お花を作る? カードを作る? 絵を描く?

心を込める大切さを伝えていきましょうね

絵本

どんなに母が子を愛おしいと思っているかを伝えるために、何気なく、母の日前に読んだ本。

心が温まる本がこれっ。母の日を機会に伝えていきたい気持ちです。