春は箸特訓

スポンサーリンク

お箸の持ち方

まず大切なのはお箸の持ち方ですよね!

間違っている大人も多いです。まずお父様、お母さま自身の箸使いの見直しから!

正しい持ち方を紹介してくださっているサイトがたくさんあります。参考になさってください。

矯正箸・お箸の正しい持ち方と練習--箸専門店 箸久 | 箸専門店 箸久(はしきゅう) オンラインショップ
お箸が正しく持てると食事をおいしくいただけるだけでなく所作が美しい印象を与えます。何歳からでも必ず矯正できます。正しいお箸の持ち方、わかりやすい図解つきです。

子どもは指の力もないですから、怒らずに根気強く、教えてあげてくださいね。

箸への愛着

こういうキットがあるんですね

自分で作った箸! とっても素敵ですよね!

上手にできなくても、思い出になりますよね。巧緻性も磨かれるかも

スポンサーリンク

どんなトレーニングをすればいいか

まず春くらいの時期は、こちらのセットで、つまむ練習です。
こちらは、ゲーム感覚で遊びながら、できるので、良いですね。
勉強にならないように、遊びにしてしまうのが、小学校受験のコツです。

日本人らしい箸使いと、感性を2人で遊びながら磨く、マナー豆の対戦バージョン。遊びもセット内容もパワーアップ。豆の種類はうぐいす豆、ひよこ豆の2種、夫々4つの形で難度が違う。「美しい箸はこび」など4種類のゲームが楽しめる。

お魚の正しい食べ方を学べる立体パズル。箸づかいとお魚の食べ方を同時に学べて一挙両得。
大人の方でも楽しめます。

楽しそうな教材がたくさんあります。
お箸は、幼児教室では、絶対に練習します。
春の時期に、スピードやマナーをマスターすると後が楽ですよ。

夏の購入では、箸の応用問題ができるように、毎日練習しましょう!