書籍 幼児教育の経済学

スポンサーリンク

ノーベル賞の経済学者のヘックマンの有名な研究。
有名すぎる本ですが、ネットで情報を見るだけで、本を見たことがありませんでした(汗)
この本を読むと、本気で子育てしなくては!と、今更ながらに思わせられます。

内容紹介
やる気・忍耐力・協調性――幼少期に身につけた力が、人生を変える!

なぜ幼少期に積極的に教育すべきなのか?
幼少期に適切な働きかけがないと、どうなるのか?
早い時期からの教育で、人生がどう変わるのか?

ノーベル賞学者が40年にわたって追跡調査
脳科学との融合でたどりついた衝撃の真実!

●5歳までの教育は、学力だけでなく健康にも影響する
●6歳時点の親の所得で学力に差がついている
●ふれあいが足りないと子の脳は萎縮する

子供の人生を豊かにし、効率性と公平性を同時に達成できる教育を、経済学の世界的権威が徹底的に議論する。

「就学前教育の効果が非常に高いことを実証的に明らかにしている。子供の貧困が問題となっている日本でも必読の一冊」

解説 大竹文雄