今でも見てしまうこのホームページ

スポンサーリンク

ジャック

小学校受験の世界で有名な ジャック幼児教育研究所

ユーモアのある大岡先生。

ビシッと言ってくださるので、過保護な親には良いと思います。

こちらのページを見て、皆様にもお伝えしたいと思い、ここに記します。

Yardage Post|ジャック幼児教育研究所

子どもを注意する4つの方法

子どもに何かを注意するときには、次の4通りの言い方がある。
1: 挨拶が出来ると、気持ちがいいわね
2: 挨拶をきちんとしなさい
3: 挨拶が出来ないなんてダメじゃないの
4: 挨拶も出来ないなんて、ダメな子ね

私って、小学校受験を考える前は、2の「挨拶をきちんとしなさい」と言ってしまうような親だったと思います。

でも、小学校受験を決意し、自分を振り返り、子どものことを真剣に考えてから、1に変化しました。

家庭の中にも笑顔が多くなり、良い方向に進んでいったように思います。

ワーキングマザーで、いつもイライラしている、ダメ母でした。

そんな私を変えてくれたのが、小学校受験だったのです。

受験は家庭力だと思います。

子どもができなくて、不合格になるわけではないと思います。

親力とはよく言ったものです。

それを受験を通して学びました。

子どもを産む前にもっと学んでおけばよかったことなので、遅いかもしれませんが、でもわかってよかった。