子どもの日

スポンサーリンク

行事

行事は小学校受験にとって必須科目!

必ず、子どもに経験させてあげましょう。

昔は「端午の節句(たんごのせっく)」と呼んでいて、男の子をお祝いしていました。
1948年に5月5日を「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」お休みの日と決められてから、端午の節句をこどもの日と呼ぶようになったそうです。

行事について、子どもに説明をしてあげられるようにしましょう。
こういった本があると、ずいぶん楽です。

こいのぼり

こいのぼり、小さいもので良いので、家に飾ってあげたいですね。5000円以下でも結構楽しめそうなものがあります。こういったことが、子どもの思い出に残るのだと思います。

こいのぼりを飾りながら、名前も教えてあげましょう。矢車、吹き流し、真鯉、緋鯉、子鯉。
幼児教室で、子どもに質問はありませんでしたが、先生が、矢車をさして、「これは何かわかりますか?」と問いかけてました。きっと親の姿勢に対しての問いかけだと思います。

リビングや玄関先に飾る、こういった小さいものも手軽で良いと思います。
飾ってあると、話のきっかけも自然に作りやすいので、わざとらしさ、勉強くささが減ります(笑)

飾る場所がない!という場合は、今はこんな便利なものがあります。ウォールステッカーです。
わが家は、結構、色々な行事で使っています。

壁にシールを貼ってよいということが、子どもにとっては、すごく楽しいようです。

柏餅

わが家は、何度教えても・・・というか今でも、柏餅とさくら餅の区別がつかなかったりするのです。小学校受験では、プリントが白黒なのですが、葉っぱをみて判断します。

葉っぱが、ギザギザのほうが桜餅。しかし、それがきちんと理解してなかったため、今でも、間違ってしまうことになっています。トホホ。

そうそう、葉っぱの種類、柏の葉っぱのかしわ餅、桜の葉っぱの桜餅ということも、大人からすると当たり前のことなのですが、伝えてあげるとよいと思います。

色があれば、すぐわかるのですが、白黒だとね・・・

手作りセットもあったりするので、そういったアプローチも記憶に残せる体験かもしれません。

しょうぶ湯

わが家は、お風呂大好きなので、お風呂に何か入っていると大喜びなんです。菖蒲を頭に巻いていたのが、懐かしい思い出です。

しょうぶ湯とは、違いますが、この時期に菖蒲を見に出かけるのもよいと思います。
明治神宮、皇居東御苑、浜離宮恩賜庭園などなど、都内にも結構ありますよ!

東京 / 菖蒲の名所・見頃2019
東京の菖蒲の名所・見頃情報。東京の菖蒲の名所・見頃を25件掲載。東京で人気の菖蒲の名所・見頃は「府中市郷土の森博物館」「浮間公園」「旧芝離宮恩賜庭園」「清澄庭園」「小石川後楽園」

やねより たかい こいのぼり
おおきい まごいは おとうさん
ちいさい ひごいは こどもたち
おもしろそうに およいでる

以前も書きましたが、小学校受験に歌は必須のようです。学校にもよりますが、幼児教室では、歌wも親子で一緒に楽しむように指導がありました。

工作

保育園や幼稚園、幼児教室などで、子どもの日の工作というのがあると思います。
持って帰ってきたら、是非、おうちの一番良い場所に飾りましょうね!

折り紙で、こいのぼりや兜を折ったりするのも、楽しい思い出になると思います。

新聞紙で兜を折ってかぶるのも、とっても良いと思います。お写真を残しておくと、良い思い出になりますよね。